BREAD

梨とローズマリーのスコーン チーズ風味/レシピ

 

前回の記事で、ブルックリンにあるベーカリー”Ovenly”にインスパイアされたスコーンを紹介しましたが、今回はそのスコーンのレシピをベースに、旬の素材、”梨”を使ったスコーンを紹介します。

肉料理の風味付けに使われることも多いローズマリーはフルーツとの相性も抜群です。梨はさっぱりとしていてローズマリーはもちろん他のハーブとの相性も良いので、今回はパルメザンチーズと合わせて甘くなりすぎない、食事系のスコーンにしてみました。

基本の材料はほぼ一緒ですが、梨の水分が多いので牛乳の割合を少なめにしてあります。様子を見ながら少しずつ加えていくのが良いかと思います。

 

 

 

 

 

梨とローズマリーのスコーン チーズ風味


材料:
無塩バター 110 g (冷たいもの)
*小麦粉 375 g
*砂糖 60 g
*ベーキングパウダー 大さじ1.5
*塩 ひとつまみ
牛乳 300 cc
レモン汁 大さじ1

☆梨(刻む) 1/2カップ
☆パルメザンチーズ(粉チーズ) 1/4カップ
☆ローズマリー(刻む) 小さじ1


  1. バターを約1cm角に切り、冷凍庫で10分冷やしておく。
  2. 牛乳とレモン汁を合わせて軽くかき混ぜ、冷蔵庫で10分以上置いておく。(飲むヨーグルトのようにとろみがつきます)
  3. オーブンを220℃に予熱。
  4. *の材料をボウルに入れて泡立て器で軽くかき混ぜる。
  5. パイカッター(あれば)又は指先で、バターと小麦粉類をポロポロと粉状になるまで合わせる。
  6. ☆の材料を5に加え、均一に行き届くように混ぜる。
  7. 2を100mlくらい少しずつ加えていき、さっくりと混ぜる(液体は全て使い切らなくて大丈夫です。余った液体は焼成前に使用します)。少し粉っぽさが残るくらいで打ち粉をした台に移す。
  8. 生地を軽くひとまとめにし、1.5cmくらいの厚さになるまで長方形状に伸ばす。縦半分に折りたたんだ生地を横向きにし(本のような感じです)、再び1.5cmくらいの厚さになるまで長方形状に伸ばす。これを2回繰り返し、縦15cmの長方形にする。
  9. 包丁で4つの三角形状に切る。それらを更に半分に切り、8個の三角形にする。
  10. クッキングシートに移し、7で余った液体を表面に塗布する。予熱したオーブンで約25-20分焼成する。
スポンサードリンク

関連記事

  1. RECIPES

    シナモンレーズンとメープルの豆腐スプレッド/レシピ

    前回の記事 で紹介したのはほうれん草の豆腐スプレッ…

  2. BREAD

    レーズンとローズマリーのスコーン

    ブルックリンに住んでいた時に気に入っていたベーカリ…

  3. RECIPES

    紅茶キノコ(コンブチャ)二次発酵に挑戦。作り方とポイント紹介

    先日初醸造した紅茶キノコの半分を二次発酵しました。今回…

  4. RECIPES

    【紅茶キノコ二次発酵】ハチミツ×みかん

    先月から始めた紅茶キノコの醸造が2回目のターンに入りました。残暑も終わ…

  5. RECIPES

    ほうれん草の豆腐スプレッド/レシピ

    ニューヨークの朝食の選択肢は多様だ。東京に…

  6. RECIPES

    紅茶キノコ(コンブチャ)醸造に初挑戦。作り方とコツ紹介も

    アメリカに住んでいた時に毎日のように飲んでいた『Kombucha(コン…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. COLUMN

    「高脂質」がアメリカ健康食品のニュートレンド!
  2. RECIPES

    【紅茶キノコ二次発酵】ハチミツ×みかん
  3. RECIPES

    紅茶キノコ(コンブチャ)醸造に初挑戦。作り方とコツ紹介も
  4. COLUMN

    アメリカの飲食店で差別はあるのか?自身の体験談も。
  5. COLUMN

    フードアナリスト4級の受験体験記・2018版
PAGE TOP